無名精神科看護師のただの戯言ですよ。

『看護は思いやり』を信念に活動する大学教員の戯言です。

元気を分けてくれ!〜大学教員キャリア迷子物語〜

目次

2024年5月10日。

一つのコトが決定した。

まずは1000…

そこを目指す!

これは不器用な生き方しかできないムメカンが教授になるまでの

苦労や葛藤を描くリアルストーリーである。

僕の生き方や考え方が少しでも誰かの役に立てれれば幸いである。

大勝負するけど不安ゼロじゃないからね!

人生を懸けての大勝負が間近に迫ってきている。

来月にはおそらく発表の準備が整うはず。

何も言えないのが本当に申し訳ない。

その大勝負に向けて、現在は下準備中。

やれることは全部やるつもり!

と粋がっているが、実は…不安です。

昨年度、僕は色んな挑戦をした。

転職…失敗

助成金2つ応募…1つ失敗

論文作成…失敗

企画書作成…思いもよらぬ方向へ成功

大きく分けるとこの4つかな。

そして、概ね惨敗だった。

そんな惨敗ばかりしたくせに

今年度も新たな挑戦をさらに続けている。

訪問看護ステーションのスーパーヴァイザー就任や

雑誌の連載などが今、発表できる中で新たな挑戦だ。

しかし…

僕の挑戦はこれだけじゃない。

先ほども述べたとおり大勝負が待っている。

こういう風に今までの仕事+これから挑戦すること

どんどんどんどん

僕のやることが増えていっている。

もちろんこれは、僕自身が望んだ未来であったし、

全力でやるつもり。手を抜くつもりは毛頭ない。

だけど…

僕のキャパはもつのか?

一抹の不安があるのは事実。

友人もそのことを心配してくれている。

「ムメカン、大丈夫か?」

大丈夫。そこで壊れてしまったら、

所詮、僕はその程度の人間だったということで

諦めがつくよ。

と腹を括っている。

まだ壊れるわけにはいかない。

一生のお願い!

迫ってきている大勝負には、

皆さんの力がめちゃくちゃ必要になります。

あまり一生のお願いとか言うタイプではないけれど、

今回ばかりは、本当にお願いします。

一生のお願いです。

僕一人ではどうにでもできません。

皆さんの力なくして、大勝負は達成することはできません。

僕はこの大勝負に人生を懸けます。

達成できるなら何でもやります。

どうかそのときは力を貸してください。

読者の皆さんからしたら、

何もわからないのに力なんか貸せるかよ!

と総ツッコミ喰らうのもわかります。

もう少しだけ…もう少しだけ…

お待ちください。

今回、僕がわかっていただきたいのは、

僕の気持ちです。

そのくらい懸けているということを

認識いただければ幸いです。

どうか大勝負の際には、

ご協力いただけると幸いです。

 

※ここに記載されたものは僕個人の意見であり、

所属する組織を代表するものではありません。

=======================

フォローやいいね!、RT、リプライ👇👇

Twitterアカウント

URL:https://twitter.com/mumeiseisinkaNs

感想や意見、質問、相談などなどブログにコメントしてくれるとうれしいです!!

はてなブックマーク(ブログの最後にある青いB!のボタン)してくれると、

ほんまうれしいです!!

facebookでシェアやtwitterでツイートも飛び上がって喜びます!! 

 =======================